MENU

安全マネジメント

お客様の笑顔を運ぶため安全、安心を第一に

貸切バス事業者安全性評価認定において二ツ星取得しております。

■ 輸送の安全確保に関して ■

1.輸送の安全に関する基本的な方針

社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、全社員に輸送の安全の確保が、最も重要であるという意識を徹底させ、安全マネジメントシステムを構築、運用し、社員一丸となって事故撲滅に努め又輸送の安全に関する情報を積極的に公表する、主導的な役割を果たし、絶えず安全性の向上を目指します。

【重点施策】

  • 当社は輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
  • 当社は輸送の安全に関する費用支出及び設備を積極かつ効率的に行うよう努めます。
  • 当社は輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予備措置を講じます。
  • 当社は輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達し、共有します。
  • 当社は輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施します。

2.輸送の安全に関する目標(安全目標)及び目標の達成状況

■ 2019年度目標の達成状況

  • 車内事故、人身事故、健康起因による事故ゼロ継続
    【達成状況】 ゼロ継続中 達成
    車内事故件数・・・0件 人身事故件数・・・0件 健康起因による事故件数・・・0件
  • バック事故件数50%削減目標
    【達成状況】 昨年と同件数
  • 全車両分の任意保険料掛金(支払額)30%削減
    【達成状況】 10%削減

重大事故ゼロは、継続中だが、軽微な事故、中でもバックによる物損事故件数の減少には、至らなかった。バック開始前の基本動作の確認、目視とバックアイカメラによる確認意識の徹底、ドライブレコーダーの画像活用した安全教育の実施により、事故撲滅にむけて努めてまいります。

■ 2020年度 目標

  • 車内事故、人身事故、健康起因による事故ゼロ継続
  • 軽微な物損事故件数50%削減
  • バック事故件数50%削減

3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

4.輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

【2019年度講じた措置】

  1. 先進安全技術(ドライバー異常時対応システム搭載)を備えた車両の導入
  2. SAS検査の実施
  3. 脳健診の実施
  4. ストレスチェックの実施
  5. 職場の環境管理と感染症予防対策(除菌シート、手指消毒ジェル、空間除菌(クレベリン)、次亜塩素酸除菌スプレー等設置)

【2020年度講じようとする措置】

  1. 感染症予防対策に必要な除菌装置導入計画
  2. SAS検査の実施計画
  3. 脳健診の実施計画
  4. ストレスチェックの実施計画
  5. 乗務員仮眠施設の新設整備計画

5.輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

6.輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況


【2019年度乗務員及び管理者教育】

  1. 外部講師(NASVA・消防署・健康保険組合等)をお呼びして、当社主催の安全講習会実施
  2. 愛知県バス協会推奨の安全運転コンサルティングシステム(eラーニング)導入により、「一般的な指導及び監督」の指針にそった乗務員教育の実施
  3. 外部機関 自動車学校への安全運転実技研修を受講
  4. 外部機関への運行管理者各種セミナー参加、運行管理者資格の取得推奨により有資格者増員

7.内部監査の結果とそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

当社選出の3名の監査要員により内部監査を2020年3月に実施しました。
内部監査チェックリストによる監査を致しました結果、概ね取組んでいるが技能要員の教育、 訓練の向上と強化又現業部門とのコミュニケーションなど一層の努力が必要である事を 確認いたしました。

8.安全管理規程

9.安全統括管理者

取締役:森 和美

10.行政処分内容と講じた措置

2019年度 行政処分はありませんでした。

名北観光バスは、安全運転を心がけております。安全セーフティーマークについて >
MAG-net © Meihoku Co., Ltd.